2019-06-14

仕事に誇りを〜あるクレームから

クレーム自体は当事者間では収まったので、もう笑い話。

診断してあげて!と

友達が誕生日だったこともあり、ささやかなプレゼントを持って陣中見舞いへ。友達や彼女の会社のスタッフとしょうもない話で盛り上がっていると、お客様が通りかかられました。なんとなくみんなで盛り上がっていると、友達がお客様に、「氣質見てもらったら?」と私を紹介してくれました。

と、ここまでは良いとして。本当は私は診断有償で全国から依頼もらっているのですが、ま、友達のお客様だしいいかと特別に。

診断結果からお客様に、「バランスが悪いとどうしたらいいですか?」とご質問が。私は財布のプロ、財布診断のプロとして、五行のバランスは色の力で、特に財布に取り入れて持つことを勧めているのでその話をしました。もちろん、目の前のお客様に財布を売ろうなんて気持ちは全くなく、財布大事ですよ、そして効果的ですよ、くらいでしたが。

翌日、友達からお客様に財布を売りつけるようなことしないでとクレームが入りビックリ。え、私、そもそも診断もしましょうかと言うてないし。お金ももらってないんだけど。財布も売りつけてないしね。財布大事ですよと伝えたくらい。

がっかりだわ。

言うべきことは伝える

以前の私なら、いろんな人がいるなあで済ませたかもしれませんが、今は財運コンサルタントを率いる立場。言うべきことは言いました。

あのね、マッサージのプロに肩こったからただで揉んでって言わないでしょ?喫茶店で友達だからただでコーヒー飲まないでしょ?私の診断も同じで、私が診断させて欲しいって言ったんならまだしも、診てもらい?って気軽に言うのおかしくない?あなたの大事なお客様だから特別に対応させてもらったけど。お客様も診断した紙くださいって喜んで帰られたじゃない。そして私にとって、じゃ五行のバランスどうしたら整いますか?って質問されたら胸を張って財布が大事ですよ!と伝えるんですよ。だから安易に診断しないんですよ、と。

もちろんイベントなどで氣質を知ってもらいたいから無料診断を、と言うこともありますがほとんど私がそちらには出向きません。ありがたいことに氣質診断士協会のイベントレンジャーの皆さんが担当してくださっています。

そして私は有償無償、金額の大小に関わらず、氣質診断、財布鑑定をするときは全力で行います。満足して欲しいですもん。

友達からはお詫びを頂戴し、この件は和解しました。私にとっては自分の仕事への誇りが再認識できました。いい機会でしたね。

言うべきことを伝えて和解。友達だからこそ。

人を幸せにする素敵な仕事です

水面下では必至です!

教育事業は一般社団法人氣質診断士協会に引き継いでもらって距離を置いています。建設業もリクエストは多いのですが、今は体が足りないこともあり必然的に距離感が。とにかく財布を通じて一人でも多くの人が「より豊かで、より幸福に」なることをミッションに活動しています。

教育事業はいい、建設業もいい、でも風水で財布?生年月日で診断?胡散臭いなあ、怪しいなあ、と色眼鏡の方もおられるのが事実。それで構わないと思っています。いろんな人やいろんなサービスがあって自由ですもん。多様性。

私にあってもらったら財布売るのに全然必死じゃないって伝わるはず。必死じゃないのが偉いわけではないですが。(褒められたことではない、とマネージャが怒りそう)ご縁がない人のところへは行かない財布なので、必死で説得して買ってもらうものではない!これは断言しています。

逆にお客様が必死で買いたいと、すがって?くださってありがたい限りです。

氣質診断は必死で心を込めて行なっています。たった一回の私からの氣質診断で人生が変わりましたと言ってくださるお客様が沢山おられるので手は抜きません。人生でご縁があって出会い、

生年月日を私に教えると言うある意味すっぽんぽんに近い行為をしてくださる方に、精一杯お応えするのが当然です。わはは。

私はこの仕事で、息子3人を養育し、ビジネスを回し、お弟子さんを育成しています。責任と誇りを持っています。色眼鏡で見られることは構いませんが、お門違いのクレームには、背中に背負っている人間がいる分、今後もきちんと意見を述べていこうと思います。

健全度の高いスピリチュアリティの普及、絶対に求められています。色眼鏡で見る人が一番、魂の救済を求めているケースも沢山あります。健全度の高さは何で示すのか、私は一つは20年経営を続けている姿勢からも読み取ってもらいたいと思っています。

関連記事
6月 2019
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
« 5月   7月 »