2019-08-01

赤ずきんちゃん(女性起業家さん)、狼に気をつけて

私の体験を出版したい、そう思っています!

まずは狼=コンサルタント、ですよ!

Kevin PhillipsによるPixabayからの画像

財運コンサルタントではなくてね、悪徳コンサルタント。いっぱいいます、うじゃうじゃいます、ってこのブログ読んでないといいんだけどwww

いかにも俺は出来るんだぜ!と見せかけて、若干上から女性起業家に色々意見を言って、で「女性起業家の気持ちがわかるのは俺だけ」と甘言を言う。お金はもちろん出すことはなく、女性起業家の褌で相撲が取りたくてたまらない。これって騙されてる?と女性起業家が不安になった時の言い訳は天下一品。でズルズル金を引っ張られていく感じかな。「俺はこんなに尽くしたのに」と言いながら身ぐるみ剥いで去っていく。。。

あー、思い当たる!って言うか、知ってる!!!わははは。

そして同じ体験をした女性起業家をいっぱい知っています。お互いに反省会。交通事故と同じで100:0で悪徳コンサルタントが悪いわけでもなく、こちらにも甘さや弱さ、ズルさがあったんだと思いますがそれでも驚きの被害総額と被害メンタル。信頼してた人に裏切られるってのはキツイですね。

特に私は、「紫鳳先生みたいに甘いと騙される」とずっとアドバイスを受けていた人からの裏切りでコントかと思いましたもん。これ笑い話?って更に常々ずっと「世の中は白黒じゃないですよ。グレーの幅が広いんです。」と言ってた張本人。果てしなく黒に近いグレーな人だったと言うことも判明。これまたお笑いですよ!わははは。

仕上げは「僕があなたのことを一生守る」と離婚後に言われたんだけど、「一生カモる」だったんだな、と。守ると聞こえたけどカモるだったのか、納得。わはははは。

これって恨み節ではなく、本当これも全て財産だなと思っています。目の前の、今まさに騙されている女性起業家に思いっきり心が寄り添えるもん。更に言えば的確なアドバイスもできる。「裁判は時間とお金がロスして、弁護士儲かるだけ」と。わははは。経験儲かってます、私。

騙してるつもりも裏切ったつもりもないのが怖いところ

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

弁護士さんに言われたことが、氣質診断できるのになぜこんな人に引っかかったんですか?と。氣質診断も万全じゃないしねえ。と言うか氣質診断的にもこうなる構図は見えていました。だから衝撃よりも「やっぱりな」と感じたのが正直なところ。

風水の先生なのに、なぜ離婚したんですか?と過去にも責められたこともありましたが、風水の先生だろうが陰陽五行の先生だろうが氣質診断の創始者だろうが側から見て失敗のような経験することは避けられません。失敗と思うかどうかは当事者の問題だし、そもそも風水も陰陽五行も核シェルターみたいに全てのことから守ってくれるツールではありません。おまじないと思っている人がいるんだよね。ええ歳した大人はおまじないに頼ってはいけません。

騙される経験値も財運

子供三人抱えて死なないとダメ?ってところまで追い詰められたので、そっからの復活劇(まだ完全復活とは言ってないものの)を思えばやっぱり全部財産。裁判所で証人審問した経験も財産だ!詳細書けなくて残念。

相談に来られる「先生、100万円騙されて」と落ち込む女性起業家も、「先生、1000万円騙し取られたよ」と嘆く男性起業家も、どちらも私の話を聞いた途端「額が違いますね、自分の被害額なんて小さいと思えました。しかもシングルマザーで子供三人も抱えて、で相手は幼馴染でしょ?いやー、それに比べたら自分のことは全然マシと思えました」と笑顔になって帰って行きました。もちろん私も笑顔で見送りましたけどね。本当にしんどい時は泣けないもんです。わははは。

ちなみに私は国際ロマンス詐欺ネタもたくさん持っているので、こっちは徐々にブログで紹介して被害を防ぐために役立てたいと思っています。

コンサルタントには良いコンサルタントもたくさんおられます。女性起業家が孤軍奮闘することなく、本当に良い人とチームを組めば力が大きく発揮できるはず。私の体験が誰かの疑心暗鬼を生むのではなく、本当に良いコンサルタント探しの役に立てばいいなと思っています。

被害を防ぐために役立てて欲しいという気持ち以上に、すでに被害に遭ってしまった、遭ったことで困っている、泣きそう、辛い、そんな女性起業家にも寄り添いたいなと思っています。本当にしんどいもん、分かる、分かる。

騙されて茫然自失となっている私にスタッフが言いました。

先生、その相手、前世で親友だったんじゃないですか。今世で、騙されたらあかんよ、悪い人おるよ、って教えるためにその嫌な役をやってくれてるんですよ!そう思えませんか?

その時は、そう考えるのは正直難しかったですし、親友だったら優しくしてよと思いました。その見方、視点を教えてくれた彼女も人生経験をいろいろ経て相手のことをそう思ったら許せたそうです。私も3年経った今なら、親友はちょっと嫌だけどクラスメイトだったくらいの感覚で感謝は出来る気がします。被害額は本を出版して印税で回収したい!!小さな野望です。

そして女性起業家の方に役立つ情報をこれからも様々な形で発信していきます!起業家っていう人生が普通に選択肢に入る時代に突入したからこそ、何歳からでも自分らしく輝くために。

関連記事
10月 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
« 9月   11月 »