2019-08-02

陰陽五行思想のバトンをつなぐ

私に四柱推命を教えてくれた恩師が亡くなりました。

あなたにこの知恵を授けてあげる、人を幸福にするために使いなさい

私がその恩師から陰陽五行思想を含む四柱推命を習った時に言われた言葉です。私の活動の原点に今もこの言葉があります。氣質診断は私のオリジナル、今まで師事したいろんな鑑定法から生み出したものですので、亡くなったこの恩師の教えも私の血肉となって氣質診断へ繋がっていきます。

andreas NによるPixabayからの画像

陰陽五行思想は中国だけでなく、日本を含むアジア全体で生み出され成熟した思想だと思っています。設立が3000〜5000年前ということで差が2000年、長い!正確なところは?と質問されることがあります。確かに現代を生きる私たちの感覚からすると2000年の差は大きい、しかし思いを当時へ馳せると数千年単位でしか生活様式が大きく変わることはなかったでしょうし、とにかく紙も鉛筆もない時代にこの知恵を残そうとした祖先達へ畏敬の念が起こるのではな位でしょうか?スピードが早く流れ、流されるような現代と違い、寿命は短かったでしょうが、それでもこの知恵を繋いできた祖先へ感謝です。

そして私も30年以上、古今東西様々な鑑定方法を学んできましたが一番好きなのが東洋の鑑定方法の根底に流れる陰陽五行思想です。これを日本で普及して海外へも展開していくことがミッションとなりました。

教習所の教官でいい

鑑定は深いものです。鑑定する人の人間的な深みも欠かすことができません。そして数十年鑑定してきたという大家みたいな人がゴロゴロいます。そんな中で私た氣質診断を広める時に念頭に置いているいことは「教習所」です。

車の運転技術=氣質診断を広めることが目的です。その技術を使ってバスの運転手になってもドライブを楽しんでも、とにかく役に立たせて欲しい。氣質診断を知ったことで人生がより豊かでより幸福になりました、それが大事なんです。協会で認定講師を作っているのも教習所の教官作りです。楽しく活用できる氣質診断という知恵を広めることが認定講師のミッションです。

F1レーサーのように運転出来ないから人に教えられない、そんなことないでしょ?むしろそんな運転技術、日常では使いようがありません。300キロ出したら捕まるし、300キロ出る車に乗ってないですもんねwww

そして陰陽五行の教習所作りが、亡くなった恩師から受け継いだ知恵を広め、人が幸せになることに役立つと信じています。恩師の訃報を聞いて改めてそれを実感していますし、天国からも応援してくれるかなと。

運転免許で広がる世界がある

Wilfried PohnkeによるPixabayからの画像

世界へ陰陽五行思想を広めたい

陰陽五行思想の森ができますように

10代の頃から学び始めて私もあっという間に46歳。誕生日がきたら47歳になります。鑑定の世界でいうととっても良い年齢になりました。

やっぱり30代はまだ若いですよ。20代なんてとてもとても。もちろん若い方や同世代の方に助言するにはお役に立つでしょうが。幅広い世代を顧客に展開するには40代後半いいと思っています。そしてこの先ずっとピークへ登りつめていきます。それが鑑定業界。若くなくていいんですもん!

個人展開ならそうでしょうが、世界へ広めるというミッションを考えた時もいい年齢。まだまだ飛行機に乗って現場へも行けますし、SNSやITを駆使して展開することにも追いつけます。ちょっと子育ての方に追われていたので(何しろ産むのが遅かったので)そこも落ち着いてきました。恩師の訃報を聞いて、自分が良い意味でもう若くはないことがしっかり腹に落ちました。


最後にちょっと余談。私は占い師ではなくこの東洋の思想を広めたいと思っていますが、恩師は占い師さん。最初の結婚の時大反対をされました。「あんたみたいな運勢の強い子がこんなカスみたいな男となんで結婚せなあかんのよ。もったいない、絶対反対やわ」と。恋に浮かれる私は聞く耳持たずどころか「先生、誕生日で人生は決まらないし、私の愛で彼を変えてみせるわ。人間は努力の生き物よ!」と啖呵を切ったのですがその後離婚。努力しない人は運勢に流される。わはは。離婚後に恩師に会った時には「四柱推命に負けた気がする。」と膝を落としました。恩師は一言「分かってた」と。でもやっぱりお誕生日では人生は決まらないと思う。

関連記事
10月 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
« 9月   11月 »