ホッケースティックの法則

お財布効果はすぐに出た!と言ってもらっていますが本当の成果はまだまだこれから。

easy come easy go!

悪銭身につかずと訳されることが多いようですが、得やすいものは失いやすいともも表現されますよね。悪銭って表現がどうも。。。

どちらにしろ、簡単に手に入ったものは効果もなく簡単に去っていく。皆さんのお財布選びも今までそうだったのではないでしょうか。お店に行って、お手頃価格であるいはちょっと背伸びした価格で購入して、そして使い終わって飽きたら次へ。そんなお財布選びを卒業しませんか。

私のお財布は高価です。値段を聞いて「うーーーーーーむ」と悩む方がほとんど。あっさり買いますという方もおられますけれども、大抵の方は「うーーーーーーむ」それが大事だと思っています。欲しい、高い、でも欲しい。このシンキングタイムが大事だと思っていつも笑顔でお待ちするようにしています。ここで悩むほど、絶対に手に入れるという決断が強まるように感じているからです。

私も他の財運コンサルタントも、決して強引なクロージング=営業活動はしていません。それじゃ人生変わりませんもんね。お客様の変わる!という決断を後押しすることがあっても財布の押し売りでは決してありません。

欲しい、高い、欲しい、欲しい、うーーーーーーーむ、買います!

これが大事だと思っています。そして納期まで最長3ヶ月。全くeasy comeではありませんよね。この待っている期間も決断を新たにする大事な時期だと思っています。実際、購入すると決めてワクワクが始まるとたくさんの変化が現れるようになってきます。

ホッケースティックの法則とは

ホッケーのあのスティックのように、横に垂直に伸びた後一気に上昇する線を描くイメージで努力の効果は現れる、それがホッケースティックの法則です。ダイエットも語学習得も同じ、なかなか効果が現れないなと横に垂直になっているうちに諦めてしまう人が多いのですがその先に一気に爆発するタイミングがあるのです。諦めないで継続を。

実はこの話、以前東京で国際女性ビジネス会議に講師として登壇した時の基調講演で聞かせてもらいました。私は当時業績も今ひとつで、会社存続のピンチの中国際女性ビジネス会議という華々しい場所へ講師として招聘頂きました。講師控え室には当時厚生労働大臣だった福島瑞穂さんや横浜市長の林文子さんなど錚々たるメンバーがおられ、またこの基調講演も前列の講師テーブルで傾聴する機会も頂戴しました。こんなピンチの私がここにいていいの。。。みたいなトホホな気持ちでいた私は、このホッケースティックの法則の話に勇気をもらいました。

そうか、今はホッケースティックの長い長いブレード(先端のところ)なんだな。この先に必ずそれよりも長いシャフト(柄の部分ね)が待っているはず。ブレードよりシャフトの方が絶対に長いし、あともう少し腐らずに経営を続けよう、そう感じました。

効果は長期的に計測して

それがホッケースティックの法則。なかなか効果が出ない、そんな時期も必ず努力していれば変化が起きています。それが結果や効果として顕在化していないだけ。大丈夫!努力は決して裏切りません。

お財布効果も同じ、すぐに効果はもちろん出ます。指を鳴らす一瞬で人は変化するんですもん。でももっと大きな効果を長期的に期待して、自分を信じて財布と行動してもらえることをお勧めしています。

一度きりの人生。同じ瞬間は二度とやってきません。だから一瞬一瞬を大切に、それはそれで大変かも知れませんが、せめて財布からお金を使う瞬間を自分のためにちゃんと行動できているか思い返す瞬間にしてもらえたら、それを継続していくことで現れる変化は絶大だと思っています。

「10年後どうなりたいですか?」私がよく口にする言葉です。明日や来週ではなく、10年後の自分のために風水幸福財布とともに今すぐ意識の切り替えを行いましょう。

焦らずゆっくり、でも目標を見失わずに。ホッケースティックの柄を信じて!

Mylene2401によるPixabayからの画像