いよいよ神迎神事へ

2019年11月6日7日は出雲・神迎神事ですよ

毎年、夏と秋は出雲へ

美保神社にて

開運ツアーを行うようになって早3年が経とうとしています。それまで思いつきもしなかったことではあったのですが、天も喜ぶ仕事をしようと誓ったときから私も仲間も呼ばれるようにツアーへ行くようになりました。

もちろんツアー会社の方の協力のもと、わがまま放題の体育会系開運ツアーです。グルメも観光もそんなのは今度、今後。今回の旅の目的は開運ですよね?って感じでバスで怒涛の神社巡りをしています。

定番の出雲は、もちろん出雲大社は外せませんし、美保神社もマストですね。美人の湯で有名な玉造温泉に泊まることが多いので玉作湯神社神社もおすすめです。男性的なパワーが満ち満ちている荘厳な須佐神社や、文字からして力のありそうな神魂(かもす)神社も、恋の歌で有名な八重垣神社も、とにかく国津神のお膝元、出雲には外せない神社がたくさんあります。

でも世の中で一番おすすめしたいのは

絶対に神迎神事です。日本人に生まれたからには、神社好きならば、絶対に一回は行っておきましょう!!!鳥肌ものの体験、間違いなし。保証します。

稲佐の浜に八百万の神々が集います

私は毎回思い出しても鳥肌が立ちます。毎年、神在月に出雲に行くだけでもご縁だわ、神様に呼んでいただいているわ、ありがたいわ、と思っていましたが、神在月だけじゃ嫌、絶対に神迎神事じゃなくちゃと、今では思っています。

実は去年が初参加。右も左もわからぬまま、神様でごった返す、かつ参拝する人でもごった返す出雲稲佐の浜を、満員電車のようにぎゅーぎゅーになりながら神様をお迎えし、出雲大社まで神様の後をついて歩きました。

子連れだったことや、体調の芳しくない方も同行されていたので、我先にと行くわけにはいきませんでしたがそれでも十分、神様の残された気を感じながら神妙な気持ちで子供たちと神社まで歩いたことを思い出します。

我先にと行くとどうなるか、先着100名までは神楽殿に上がることができるんですよ!!!すごい!ツアーでご一緒した数名の方は、よくわからないまま上殿し神事を拝見したそうです。素晴らしい!オススメは絶対にスニーカーですよ。

今年はさらに特別

昨年は週末だったこともあり、翌日の出雲大社も原宿クレープ屋くらい行列が随所にできていましたが、今年は平日です。しかも出雲大社徒歩圏内のお宿を去年の神迎神事直後に抑えました。今回は自由散策できるツアーです。

昨年は、神事後に集合しまた玉造温泉のあるお宿に戻らねばならず、時間が非常にタイトでした。神事後、神楽殿には龍神さんが残られて全ての肩とご対面してくださるチャンスもあったのですが、去年は参加できた人と、集合時間を守ってくださったために諦めた方とがおられ申し訳なかったのですが、今回は好きなだけ自由行動を。

龍蛇神様が神楽殿でお待ちくださいますよ!貴重!

しかも宿の食事も稲佐の浜へ急ぐために大慌てて召し上がってもらっていたのも反省。今年は食事なしツアーです。好きなところで好きなものを。つまり浜優先の人は浜で早い時間から待機可能。神迎よりもグルメ志向の方は、出雲そばに出雲ぜんざい、素敵な味覚をご堪能いただけます。

昨年お声かけをして数名すぐにご参加を決めてくださり、それ以降お声かけをすっかり忘れていたのですが、改めてあと一ヶ月を切りましたのでツアー若干名お席ございます。ご興味のある方はこちらのフォームからお申し込みくださいませ。