2020-01-13

何故西に黄色?なぜ黄色いサイフ?今年の開運カラーは?あなたは何を信じますか?

毎年この時期になると、今年の開運カラーはこの色!とか、今年はこのサイフの色が開運します!なんて発表が色んな占い師さんや風水士さんからされていますね。2019年の財布のラッキーカラーは緑!と言っておられた有名な占い師さんもいらっしゃいました。今年は緑のサイフがいいって占い師さんの〇〇さんが言ってたからミドリにしました!私の診断を受けに来られた方もそんなことを言って緑色のきれいなサイフを見せてくださった方もいらっしゃいます。

そんな開運カラーの『なぜ』を紐解きましょう

では、なぜ緑がいいの?という根拠は?というと、その人が言っていたから。という答えの他には返ってきません。確かに2019年の星回りで言うと緑は開運する色、といえばそうなる。何故なら昨年はこんな年だったから・・という根拠やその年回りの説明をすると、皆さん納得されます。私がお伝えしている氣質診断は、そんな根拠をしっかりと理解していただける診断です。もちろん個別の診断もしっかりしますが、その年その年のバイオリズムもあります。そのバイオリズムを知ることで、何故緑のサイフが今年は効果があるのか、ということを知ることができます。もちろん、私の考案した氣質診断を深く学んでいただくと、緑色は持たなくてもいいよ、という方もいらっしゃいます。 きっと、その開運カラーを発表された占い師さんも、風水士さんも、ごく一般的なその方たちの学びの中での根拠があり、開運するカラーを導き出しています。昨年の色の導きが緑、というのも実は氣質診断で言うと一般的なサプリのような要素があって、なるほど。と納得行く色の結果だったのではと思います。

ごく一般的なものではなく、あなた自身の処方箋を作り出してみるのが個別診断

私が今年力を入れたいのが、ごく一般的なサプリのような診断ではなく、処方箋のような個別の診断です。一人ひとりに合った開運カラーの提案や、その人の状況に応じたアドバイスをすることで、みなさんの体の健康、そして心の健康や、家族との関わり合いを寄り豊かに幸福にしていけるものを提案していきたいと思います。まずはあなた自身がしっかりと生まれてきた意味を知り、そして出会った人との関係性を知ることで、色々なことが解決する道をしっかりと診断していけたらと思います。開運カラーは、人それぞれベースになるものは合っても、実はそれぞれに違う、というのが私の考えです。みんな違ってみんないい。
だって今年の開運カラーが緑、とか黄色、っていうだけでみんなが同じ色のお財布持ってたら面白いもん。 それぞれの個性があるから世の中って回るものだと思うし、みんなそれぞれの価値観があるって思ってます。

西に黄色やサイフの色はどうすればいい?

じゃあ、家を建てる時に西に黄色いグッズを置くっていう風水はどうなの?という方も、風水では、色々な考え方があります。建築業、リフォームを仕事にしていた私は、今でも方位や、家具の配置、部屋の配置のご相談を受けることがあります。そんな時はご家族の診断をさせていただき、その家に住まわれる方との関係性を診てから、お部屋の色のバランスなどをアドバイスしています。実際に住まわれる方の関係性を重視していきながら、家族の心と体の健康を祈念したいからです。それも私が普段お伝えしている大事な『財運』の一つとかんがえているからです。

西に黄色もごく一般的なお話ではありますが、皆さんの処方箋として活用できるのは、違った色なのかも知れません。開運、というネタは嫌いな方はいないと思います。 どうせ置くなら開運する色のお花を飾りたい、と思われるでしょうし、どうせカーテンをするなら少し開運を意識したい、という方は結構いるはず。色はとても大事なイメージを沸き立たせるものです。是非活用していただきたいなと思います。

今年は氣質診断にもより力を入れたいと思っているので、是非気軽に診断を受けてみてくださいね。

診断のお問い合わせはこちらから
※遠方の方の個別診断やウェブでの診断も受け付けています

取材のお問汗やメディアのお問い合わせはこちら

関連記事
1月 2020
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
« 12月   2月 »