売り上げ目標ってどうやって立ててますか?和歌山のラーメン屋さんの女将とのセッションで気付いた大事なことはこれ。上から立てていませんか?売り上げ目標は下からですよ。コロナで自粛ムード、先が読めないからこそ、指針としての目標大事!2020年5月の気づきです。

売り上げ目標、どうやって立ててますか?

ゴールをしっかり定めてね

なんとなく希望の金額?こんなにあったらいいなあ?

あるいは必要経費から算出していませんか?サロンオーナーなら家賃と水道光熱費と、機械のリース代。これだけは必要!また飲食店さんなら家賃と水道光熱費とスタッフの人件費と食材の仕入れ、これだけは必要!個人事業で自宅で働いている人なら、お小遣い程度でいいねん!それもありかも。

そもそも売り上げ目標立ててません!目標立てるの苦手で。それに目標立てるって根性論ぽくないですか???そんな意見もあるかもしれませんよね。

でも、それで楽しく働けてますか?起業をした理由は人それぞれ。人より儲けたい、稼ぎたいがきっかけの方のいるでしょう。お金じゃなくて自分の思い、夢ですという方ももちろんおられることだと思います。でもその夢や思いを叶えるにもお金必要ですよね。

目標の自分をイメージして、そこに向かって努力することってVITACEグループの考える幸福感の一つ。きっと楽しい過程です。そもそも目標の自分がない????それはまた別の機会に。

そして大事なことはお金しか計測できないんです。もちろん顧客数も計測できる指針の一つですがお金が最もシンプルで分かりやすい。そして税金払うときにも計算しますよね?

売り上げ目標立てましょう。その目標のために工夫をしていきましょう!では売り上げ目標の計算の仕方から。

売り上げ目標は下から立てる!!!

いいですか、下からです。決算書の難しい話はしないから安心して。噛み砕いた簡易バージョンでいきます。

最終的にいくら残ったら嬉しいか。ここから決めます。1年仕事をして、いくら残ったら嬉しいかな。ここから計算。¥0でもいいです。その謎は後ほど。

ではさっきの金額に「税金」を足しましょう。「残って欲しいお金」+「税金」ね。この金額で「粗利益」にしちゃいましょう。「残って欲しいお金」+「税金」=「粗利益」

さてこの「粗利益」は、「売り上げ」から「経費」を引きましょう。原価と販売管理費、支払利息などは決算書のルール上は区分けされているけど、この催眠な経費で計算。

売り上げはもう、単純に「客単価」×「客数」でしかないんです。自分に付加価値をつけて(数日前のブログの強みって何?を読んでね)「客単価」をあげるか、「客数」を増やすか。売り上げについてもまた取り上げましょうね。

今日は「経費」。経費を見直ししましょう、じゃないんです。聞きたいのは、そこに自分の給料入ってますか?入ってる?自分の給料は「残って欲しいお金」だと思っていた人、ブブー、ダメダメ。

やりがちな絶対だめ!

自分のお給料は毎月「経費」にしっかり入れておくこと。スタッフの人件費「残ったら払うわ」って言わないでしょ?ごめーん、残ってないねんって未払いしないでしょ?頑張ってんけど減らしてって時給勝手に下げないでしょ?

同じことを自分にも。

でも、今月大変で。思ったより売り上げが。。。経費が意外にかかってしまって。。。。わかる、わかります。むしろ痛いくらい共感。

だけど、最初に「自分の給料も経費」って思えるか、「残ったら自分に」と思って経営するか結果は雲泥の差なんです。たくさんの小規模起業家はここが決定的にボタンかけ違ってます。

もう一つ大事なことはお給料でちゃんと毎月取っていたら「残ったお金」=「全部俺のもの」or「全部私のもの」じゃないですよね。それは会社のお金です。別に分けておきましょう。

こんな話が聞けるのが松岡紫鳳のセッションです。

和歌山のめっちゃ美味しいラーメン屋さんの女将のコメントです。

ワタシは、腹腔鏡手術手術してもらいました (๑´▽`๑)
昨日は、マリオネットラインの手術も!

ナンノコッチャ?

氣質診断は鏡のようなもの、あなたの良さや魅力を映し出します。私や私の元にいるインストラクターが指導したばかりの氣質診断士の鏡は手鏡レベル。氣質診断考案者の私の鏡は全身鏡で四方ぐるりと囲んで天井も床も鏡、しかも内視鏡まであるレベル。

先の女将も経営者としては私よりも長いキャリアにも関わらず「売り上げ目標を下から立てる」って知らなかったそうです。そもそも売り上げ目標すら怪しい雰囲気。自分と旦那の給料、計算に入れてる?って聞いたときは下向いてました。

恥じることはありません。だいたいそうだし、かっての私もそうだったし、書きながら今も耳が痛いというが打ち込む手が痛い。わはは。そんなもんです。完璧な経営者はいない。だけど知ってるか、知ってないかは大きな違い。

25年経営者しています。だから分かることもあるし、幼稚園レベルの起業家から大学生程度の起業家なら十分問題点がわかります。上場目指してますって人は来ないはずだし、数も圧倒的に多くて、そしてどこへ相談したらいいかわからなくてアホなコンサルのところで大枚叩いて結果なしって人が多いんです。私もそうだったから分かります。

起業家が変わったら日本が変わる。コロナウイルスより怖いのはアフターコロナ。起業家のマインドが少しでも上向きになるよう、「財布鑑定」や「氣質診断」でセッションを行っています。起業コンサルではないけれど、その辺の「起業もしたことないコンサル」「応援してるふりして金だけ持っていくコンサル」「内容がほとんどないコンサル」「一般論ばかりで自分のビジネスには当てはまらないのに延々語ってくるコンサル」「結果には全く責任を持たないコンサル」「最後はあなたの責任ですよ!と言い放って逃げるコンサル」よりはよほどレベルの高い情報、知恵を提供できます!圧倒的な自信あり。

しかも氣質診断で一人一人のミッションや使命までわかって相談に乗ってるコンサルは他にはいません。

あ、逆に占い師の先生が経営知らないってことも多いですからね。そこもご用心。

経営の悩みまでフォローする、それが松岡紫鳳の強み