しかもめちゃくちゃ華麗にね!!!

wikipediaより

日本の芸能界も薬物問題に直面していますが

最近では伊勢谷友介の逮捕がありましたよね。大麻が「日本では違法」だけど認められている国もあるっていう議論や、出演作品をどう取り扱うか、難しい問題でもありますね。

一方アメリカの俳優、ロバートダウニーJrは数々の薬物にまつわる逮捕、トラブルを経てアイアンマンを機に俳優として完全復活。アメリカで最も稼ぐ俳優になりました。すごい!中途半端な復活じゃないですよね。アイアンマンでの起用も過去のトラブルから絶対にない!と製作側は考えていたようですが、見事薬を勝ち取りました。実際、生き生き演技していて今では彼こそがアイアンマンですよね。

確かに、若い頃は甘いマスクだけが売りの俳優の印象でしたが年齢を重ね、また逆境を乗り越えググッと渋い俳優になったような気がします。若い時は全くタイプではないのですが、今の彼はものすごくいい男ですね。個人的には、逆境を乗り越えてきたタイプ、人生波乱万丈なタイプが大好きなのでこのアップダウンはかなり好みです。

では、そんなロバートダウニーJrを診断

基本氣質は「山」ものを育てる力も強いものの、腐らせる力も強い。まさにこれ。若い頃は、自分も周りも激烈に腐敗臭がするくらい腐らせてたんでしょうね。そこが心機一転、ニュースなどでは母親からの電話を機に薬物と手を切る決断をして、俳優として復活を果たすまでに至るわけです。

五行のバランスは木2火1土2金0水1。次世代の育成や部下、目下の存在との関係性がネックにはなるものの、可愛いお子さんにも恵まれていてクリアできているようですね。いいパパっぷりが時々パパラッチされています。自分の個性、感性も意外に重要視しない傾向があるようですが、そこも逆境を経てむしろ強い個性として芽が出てきたのかもしれませんね。とにかく若い時よりも中年以降に花開いた印象があります。若い時もそれなりに活躍はしていましたけどね。

仕事運を意味する、また理想、理念を意味する木が二つ。薬物に溺れていたとはいえ、意外に真面目なタイプです。真面目に薬物にハマっていった、あるいは薬物にハマった自分はもう絶対にダメだ、そんな印象を受けます。不思議な表現かもしれませんが、木の持つ真面目さがこんがらがって出てくることってあるんです。でもそのままじゃないのが素晴らしいことで、薬物を絶っていく過程でこの真面目さが役に立っていくわけですね。今では薬物ネタはジョークの種になる程完全に切れているようです。

「山」の人の人生のミッションは、地位も名誉も金も全て手に入れて現世で成功すること。復活後のロバートダウニーJr、まさにこれにぴったりですよね。私が氣質診断をしていて、どの基本氣質が成功しますか?と尋ねられると「山」と即答しています。いわゆる成功が一番似合う氣質、これが山です。

ただし、山や畑といった「土」の氣質の人にとって大事なことは自分の損得。どっちが損かな、どっちが得かなといったことを瞬時に計算する能力があります。ここが成功にもつながるわけではありますが。また現実処理が得意なことも魅力。変な理想や筋論に流されることも、感情に左右されることもなく「現実的に」どっちが得かと判断できることって時には大事なことですよね。

そんな「山」が本当に成功するためには自分の損得が、みんなの損得になることです。自分だけ良ければいい、そんな立ち位置からリーダーとして全体最適を考えられるようになった山は、本当に大きな成功を手にすることができるでしょう。が、これがなかなか山には難しいんですよね。だって、仕切りたがりなのは自分が中心になりたいからで全体最適より俺様最適!ここが突破できたら、山は強いですよ。my dreamよりもour dream、こう思える仲間がいるかどうかも山の人生のチェックポイントだと思います。

紫鳳先生は山に厳しい!

というご意見をたまに頂戴しますが、そんなことはありません。上述通り、山には大きな期待をしているわけです。我欲を突破していいリーダーになって頂戴ねと。

ま、実際のところ以前信頼していたビジネスパートナーに裏切られ超絶痛い目に逢いました。その相手が「山」、ここは無関係ではありません。なぜなら私はキャンドル、お人好しで性善説で生きてますからね。

元ビジネスパートナーには、「あなたみたいに甘い考えだとダメだ。世の中には悪い奴がいっぱいいる。性善説で生きてると騙される!!!」と耳が痛くなるほど言われてましたが、最後は懐が痛くなるほど騙されました。その相手に。爆笑!!!もう、コント。

というわけで紫鳳先生が山に厳しいのではなく、キャンドルは山を警戒して生きた方がちょうどくらいなんですよ。カモがネギ背負ってるだけでなく、カモ=キャンドルはネギ背負って白菜も椎茸も背負って、出汁湯に使ってカセットコンロに乗ってるような状態で山の前に登場しちゃいますからね。キャンドルの甘さが、山のずるさを引き出す関係性になってしまいます。本当は、山の炉に守られてキャンドルが火力最高に長時間燃え続けることができるいい関係のはずなんですけどね。難しいもんです。

今回は、山に厳しいと言われるキャンドル紫鳳先生も、逆境を乗り越えたイケメン山=ロバートダウニーJrはお気に入りという内容になりました。お楽しみにいただけましたでしょうか?


氣質診断の生みの親、松岡紫鳳から氣質診断を受けたい!そう感じた方は、ぜひ財布鑑定を受けてください。財布鑑定には氣質診断がついています。「氣質診断」+「財布鑑定」となっております。こちらは、メールやSNSでのやりとりとなります。

お申し込みはこちらから 松岡紫鳳の財布鑑定¥3300