上のイラストの右の領域(グリーンのところ)と左の領域(グレーのところ)を見比べてみましょう。あなたの感じに変化はありましたか?

左を見ているとなんだか悲しくなった、不快になった、嫌な気持ちになった、そんな方はいますか?または右を見るとなんだかほっこりした、笑顔になった、温かい気持ちになった、そんな方はいるでしょうか?
左の猫ちゃんの表情はあまりに良くてつい微笑みそうにもなりますが、概して左は不快、右は快を刺激するのではないでしょうか。ただ素材を並べただけなのに、左右の領域から出てくる波動(これも素粒子かもしれませんね)の違いをあなたが受け取っていることを感じてもらえましたか?

 

別にどちらも同じ。そんな方もおられるかもしれません。みんなが同じ感想でない、これも陰陽なので当たり前のことです。しかし一般的には左=不快、右=快と感じられていると思います。

 

今日の実験はみなさんは毎日どちらの領域で生きているのか、それを感じて欲しいと思います。もちろん1日の中でも私達は右から左、左から右へと目まぐるしく変わるものです。ずっと左の不快な表情、不快な言葉、不快な電波を垂れ流しているように思える人も時々は右の快な表情、快な言葉、快感な電波を流すこともあるはずです。逆もまた然り。これも陰陽。

 

ただなるべく右の快の領域を意識して過ごしてみる。これだけでも引き寄せの効果は絶大になります。コツは何かあったら「ありがとう」と呟いてみることです。

「左の不快な領域にいると気付けた、自分にありがとう」これもありですね。

子供が言うことを聞かない、腹が立つ。こう感じた後に、では言い方を変えてみようと工夫できた、ありがとう。これもありですね。

失恋した悲しい。でも出会えたことに感謝。なかなか難しいかもしれませんが歳月を経てそう感じることができるといいですし、そうなるように新しい良い出会いを引き寄せるのもコツです。

そしてこの右の領域にいるときに、ぜひ全身で欲しいものをイメージして天にオーダーしましょう。ありがとうと感じたついでに、欲しいものを手に入れたイメージをする。
ありがとうと感謝しながら怒ったり、妬んだり僻んだりすることはできません。ありがとうと言う言葉はあなたの願い事を素直に世界中、宇宙へと拡散するための素直で直線的なエネルギーと感じてください。一方、怒り、妬み、僻みは右往左往してエネルギーロスを起こす流れなのです。欲しいものを一直線に天にオーダーし、そして一直線にストレートに受け取るためにも「ありがとう」の言葉のエネルギーを載せてみましょう。

 

逆に左の不快な領域にいるときには、あまり良い引き寄せを起こすことができません。

覚えておいてくださいね。