2018-09-29

ホンモノの開運財布屋さんに出会う方法とは?

財布イメージ

あなたは開運財布を今まで購入したことはありますか?

それはおいくらで、どんな方法で購入されたのでしょうか?

私がそもそも開運財布である風水幸福財布を企画したのは、巷に溢れる開運グッズ、中でも開運財布に疑問があったからなのです。

みんなに同じ色でいいのだろうか?大量生産品でいいのだろうか?
そもそもプラスチックやビニル素材でいいのだろうか?
何よりも作り手がハッピーな商品なのだろうか、と。

黄色い財布のナゾ

まず色の話ですが、みんなに同じ色。例えば数年前に流行った、みんなに黄色い財布。確かに風水の理屈はわかります。

財運を司る金、この金を助けるのが五行論では土。土の色は黄色や茶色、オレンジ色。でも、これってビタミンCは体にいいというサプリメント程度の効果しかないのではと感じています。

未だに黄色い財布を嬉しそうに(ごめんなさい!)ご披露くださる方が多いのですが、大抵そういう方に限ってすでに五行のバランスで土が多く、土過多の状態。

さらに黄色で土加えてどうするんだ、と。これがご自身の状況も知らずに手にするサプリメントと感じる所以です。

本当に自分にとって効果のある色を取り入れるためには、まず土台である五行が整ってからこそです。

五行のバランスが整った上でサプリメントを活用してもいいかもしれませんね。

そもそも五行のバランスが整えば、サプリメントなんて不要かもしれませんが。まずは自分の状態を知る、鑑定を受ける、だからこそ手に入る色の知恵、色の力なのです。処方薬みたいなものでしょうか。

巷に溢れかえる開運財布屋に思うあれこれ

次に大量生産品。大量生産の開運グッズ。

正直私には違和感しかありません。工場で流れ作業の用に作って、そこの思いはこもるのだろうか、と。

古臭い考えかもしれませんが、私はそういうものを大事に考えたいし、感じたいと思っています。

あなたの人生があなたオリジナルであるように、ぜひ開運するために選ぶものは大量生産ではないもの、作り手の思いがこもるものを選んで欲しいと思っています。

作り手の思いや顔がインターネットの普及で伝わりやすい時代になりました。

ぜひ、作り手の思いの伝わる、できればお財布を持つあなたを応援してくれるような、そんな関係性で手に入れて欲しいものですね。

単なる商品としての財布ではなく、開運するための財布選びであれば重視して欲しい視点です。

次に素材ですが、風水の世界においてプラスチック、ビニル製の開運グッズは存在しません。

そこには氣が発生しないからです。

石油製品だって、元は化石、生物由来じゃないかという屁理屈も成り立つかもしれませんが、その氣もさすがに古すぎてパワー発揮しない感じがしますよね。

ビニールの造花で愛を伝えても伝わらないように、生きているものだから発する氣というものがあります。

さすがに牛もトカゲも蛇もクロコダイルも革の状態ではありますが、それでも氣を発していてその力をありがたく活用させて頂くからこその開運術なのです。

感謝の気持ちがないと全くダメですけど。

それから素材で重視して欲しいのは財布の内側です。

外は立派な革、中はビニル素材、そんな財布が巷に溢れています。みんな外側だけを見栄えで木にするのでしょうが、財布の内側にお札を納めますから内側にこそこだわって欲しいと思います。

あなたも外側は立派で中がボロボロのホテルや旅館、嫌な気持ちになりませんか?

そもそも外側も大事ですが、内装にもこだわって欲しいものです。

まとめると

ぜひ、本物の開運財布を手に入れたければ、

1)あなたに合ったものを鑑定や診断で選んでくれる、

2)本物の素材を活用した、財布の内側にも本物の素材を使った財布、

3)作り手の見える、想いが伝わる、双方でコミュニケーションができる

そんな開運財布屋さんを選んでくださいね。

関連記事
5月 2019
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
« 4月   6月 »