今日もどこか聞いたことはあるけど、実際に「肚に落とし込めている人」はほとんどいない、お金持ちが自らはあんまり人に教えない奥義を教えてあげるよ。。

それはね・・・

とかく人っていうのは、逆境にあるときは、身の回りに起こる全てのことが、我が身の薬となり、それでヨドミをなくし、節操をとぎ、行いを磨いて血となり肉となっているのであるが、当の本人はそれに気づかない。

これとは逆に、順境にあるときは、眼の前に起こる全てのことが、刃となり、それで我が身の肉を削り、骨を溶かされているのであるが、これまた残念ながら、当の本人だけがそれに気づかず、「この世の春が来た」と言わんばかりに、快楽をむさぼり食ってしまうことが多いようだね。

だから今がどれだけ苦しくても、それは自分を磨き整える良薬に巡り会えたんだということに気づいてほしい。。

で、今すぐそこに気付くキッカケがほしけりゃ、ニッコリ微笑んで

『ありがとう あいしてる ちゃりんちゃりん』とクチに出してつぶやいてあげること。

そうすれば今日からは「お金の神様」が味方してくれ、一生お金に困らない裕福なお金持ちになるチャンスを運んできてくれるかも知れないよ。。。

わかるかなぁ?
わかんねぇだろうなぁ。。