2018-11-19

神在月の神秘

神社へのお参りを大事にしているVITACEグループには開運部があります。

 

開運部、何だか楽しい響きですよね。神社巡りのお作法をお伝えしたり、

 

ご祭神さまのことを学んだり、神様カードでご縁を調べたり、と

 

単なる神社巡りではなく、もっともっと魂の深いところで神様とつながる活動をしています。

 

そのメインイベントは毎年2回の出雲大社詣でです。今年は神迎神事に参りました。

 

神在月と神無月

日本の美しい言葉の表現、毎月の和名による表現大好きです。睦月、如月、弥生と続き子供の名前にもよく使われていますよね。その中でも、一般的には10月は神無月。神様が全て出雲大社へ出かけてしまわれることからその名で呼ばれます。一方、出雲地方だけは神在月。神様がいる月なんですね。この神在月。八百万の神様がお集まりになっている出雲大社へ出かけることも今回で2回目となりました。

 

神迎神事

稲佐の浜と呼ばれる出雲大社近くの浜に神様がお集まりになり、神迎神事は夜の19時にスタートします。御幣を頂戴し、人混みの中をたくさんの方と一緒に神様の到着を待つ厳粛な時間。祝詞が挙げられ神楽奉納の中、神様は絹垣に御隠れになって出雲大社まで歩いて向かわれます。その後をまたたくさんの人混みが一緒に行脚していきます。私も子供たちと神様の後ろとついて歩きました。浜から絹垣を見かけたときは思わず涙が出てきました。本当に言葉では言い尽くせない神気に満ちた瞬間でした。

 

龍蛇神様とのご対面

その後お神楽殿では龍蛇神様とご対面できます。ここもまたものすごい神気、エネルギーでした。お下がりのお餅とお神酒を頂戴し、仲間と合流して宿へ戻りました。神在月の神迎神事。本当に厳粛で心震える体験となりました。神様っているなと普段の暮らしでも感謝することが多いのですが、神様を目の当たりにしたような気がします。自然と首が垂れ感謝の気持ちが湧き出てくるそんな瞬間でした。来年も絶対に行きたいと思っています。

2018年の神迎神事は土曜の夜ということで翌日の出雲大社は、原宿?というくらいごった返していましたよ!

 

 

 

関連記事
8月 2019
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 7月   9月 »