京都晴明神社へ行ってきました!

財運アップのコツとして一番お伝えしたいのは、日本人なら神社へ行きましょう!ってことです。皆さんは神社へ行かれるのは初詣だけ?それはもったいない!エネルギーチャージへ神社へGO!財運アップのコツですよ。

晴明神社へ行ってくる前に。。。

護王神社へ寄ってみました!

晴明神社ってご存知ですか?安倍晴明のあの神社です。今回の京都旅の目的は、財運コンサルタントの京滋(京都と滋賀のことでケイジと読みます)チームの勉強会がメインイベント。烏丸のカフェで開催していますので、晴明神社へ行く途中に護王神社へ行ってみました。ここは狛犬ならぬ狛いのししがおられるんですよ。

狛いのししのことはまた次の機会に。ここでも四神相応について図で表現されていました。やっぱり四神大事ですよね!

晴明神社は小さいながらも電気ピリピリ、いい感じ

晴明神社はあのシンボルだらけ!

晴明神社といえば、そう五芒星。ユダヤにも通じると言われたりしていますよね。もっとシンプルに、この形は、そう陰陽五行思想の五行の形でもあるんですよ。木火土金水の五角形を結んで描かれるのがこの五芒星。普段、氣質診断で陰陽五行思想を広める私としてなんだか嬉しくなりますね!

電気ピリピリって私独自の表現かもしれませんが、パワーあるなと感じるところに行くと体がピリピリと反応します。晴明神社さんも電気ピリピリ感じるポイントが何箇所かあって充電できた感じがしました。

こちらにはなんと四神門もあり、四神がお出迎えもしてくださいます。陰陽思想では陰は月を、陽は太陽を表すのですが、そのもののシンボルも設置されています。晴明神社って陰陽五行思想がかくれんぼしているような楽しい場所です。

おみくじだって陰陽五行思想!

木火土金水の色が全部あるおみくじです!

晴明神社に限らず、神社の中には陰陽五行思想がたくさん隠れていますが、ここはとてもわかりやすいので初心者向けかもしれません。おみくじにだって五行の色が使われています。木は緑、火は赤、土は黄色、金は白、お水は本来は黒なのですが古来、濃い紫が使われていましたのでここでは紫ですね。

神楽舞の時の布なども黒ではなく濃い紫で水を表現しているところは多いです。相撲の土俵では黒なんですけど、お水の表現には少し思想の違いが現れて面白いですね。

このおみくじには、五行の色が揃うことで落ち着いて開運できる、みたいな表現もあり、いつもお話ししている財布の色で五行揃えて落ち着いて開運しましょうって言葉を安倍晴明公に後押ししてもらってようで嬉しくなりました。

晴明神社の見所は他にもたくさん!是非みなさんも京都へお越しの際は足を運んでみてくださいね。

おお、北斗七星!

厄除け桃!桃太郎もそうだし、桃って風水に関係深いんですよ。