【お金の神様の口ぐせより】バックナンバー

今日もどこか聞いたことはあるけど、実際に「肚に落とし込めている人」はほとんどいない、お金持ちが自らはあんまり人に教えない奥義を教えてあげるよ。。

それはね・・・

とかく人っていうのは、逆境にあるときは、身の回りに起こる全てのことが、我が身の薬となり、それでヨドミをなくし、節操をとぎ、行いを磨いて血となり肉となっているのであるが、当の本人はそれに気づかない。

これとは逆に、順境にあるときは、眼の前に起こる全てのことが、刃となり、それで我が身の肉を削り、骨を溶かされているのであるが、これまた残念ながら、当の本人だけがそれに気づかず、「この世の春が来た」と言わんばかりに、快楽をむさぼり食ってしまうことが多いようだね。

だから今がどれだけ苦しくても、それは自分を磨き整える良薬に巡り会えたんだということに気づいてほしい。。

で、今すぐそこに気付くキッカケがほしけりゃ、ニッコリ微笑んで

『ありがとう あいしてる ちゃりんちゃりん』とクチに出してつぶやいてあげること。

そうすれば今日からは「お金の神様」が味方してくれ、一生お金に困らない裕福なお金持ちになるチャンスを運んできてくれるかも知れないよ。。。

わかるかなぁ?
わかんねぇだろうなぁ。。

【動画】財運コンサルタントとして。本当にお金に愛されている人とは?

財運コンサルタント。

松岡紫鳳は財運コンサルタントとして

これまで数千人の方と関わってきました。

財運コンサルタントとしての仕事に就くまで

「うそやんっ!!」と言うくらいの

苦労をしてきました。

 

苦労を苦労と思わないのが

松岡紫鳳。

 

そして、今の生活を手に入れることができたのも

「うそやん!」って生活があったから。

でもそんな経験をする人が一人でも減ってくれたらいいなと思う気持ちから

財運コンサルタントを増やす活動を始めました。

 

ぜひ動画をご覧くださいね。

 

 

 

 

 

開運財布にブランドってあるの?

お財布ってブランドで選ぶものなの?

財布イメージ

バブル全盛期の頃と違い、ブランド、ブランドと騒がなくなってきましたが、良いものが欲しいと感じるとやはりブランドの持つネームバリューに頼ってしまうものではないでしょうか?

財布は良いものを持った方がいいよ、こうアドバイスを受けるとブランド物の高級な財布を買わねばならない、そう感じている方も多いことしょう。

さて、財布は良いものを持った方がいい。こう耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

特に経営者の場合は、財布が靴以上に見られるアイテムであることは事実です。

同じことは営業マンにも言えることでしょうね。

とにかく財布を見ると相手の経済状況やお金との付き合い方、考え方までお見通しというわけです。

 

開運財布のブランド価値は「お金本位で選ぶこと」

財布イメージ

開運財布と聞くと、金色だったり、蛇革だったり、フクロウや龍が刺繍されていたり、と様々な印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、本当の開運財布は、ブランド物でもなく、そのような典型的なデザインのものでもありません。

むしろシンプルに、革の持つ素材の氣で勝負すると言った方がいいでしょうか。

お財布選びのコツをいつもお話ししていますが、究極のコツは「お金本位で選ぶこと」。
日本中だけでなく世界中と旅する福沢諭吉さんをおもてなしするようなそんな気持ちで選んで欲しいと思っています。

ですから財布の内側にも革を使った財布を選んで欲しいのです。

なぜなら、お札は財布の中で過ごしますよね。

あなたも泊まった旅館の外観が立派で内容がボロボロだったらどう感じますか?

高級なブランド財布の中にも、外は立派な革で中がビニール素材のものも多くあります。
財布選びは内側にこそこだわってくださいね。

またお金の住まいでもある財布、せっかく財運アップのアイテムとして活用するのであれば、絶対に「注文建築」にこだわってください。

いくら高級なブランド財布でも、大量生産で売り場に行ってあるものの中から選ぶのであればそれは「建売住宅」です。(建売住宅に住んでる方、気を悪くしないでくださいね。でも買えるなら大きい注文建築に住みたくないですか?)

そしていつもお話しする、自分の名前の刻印があることが重要です。決してブランドの名前ではなく、ね。

その財布の持ち主の名前がきちんと入った財布こそが開運につながるお財布なのです。

 

まとめると

お財布の価格の200倍が年収、という説も耳にしたことがあるかもしれません。

なるべくたくさん年収が欲しい、と高額な財布を探し回ったんだよという経営者の方にもお会いしたことがあります。

実際にブランド財布でなくとも、素材にこだわれば100万近い財布というのは売られています。

でもそれは決してたくさん並んだ中にはありません。

あなたに選ばれることを待っている世界に一つの高級で高額な財布で、200倍の年収を掴んでみたいと思いませんか?

今日からみるみるお金がたまる開運財布術とは?

財布を買っただけで人生が変わる?それって本当?

私は開運財布を買っただけで人生が変わる、そんなことはないと信じています。

実際にオーダーをくださる方にも、この財布買っただけで棚ぼたみたいにいいことばかりが起きませんよ、と釘を刺しています。

「え、そうなの?!」と残念がる方もいないわけではありませんが少数です。

「分かっています!財布と共に人生を変えます!!」と力強く宣言してくださるお客様が多いのも嬉しい事実です。

というのも、開運財布のオーダーを頂くまでにしっかりメンタリティの話をしているからです。

開運財布に限らず、巷に溢れる開運グッズに共通していることがあるのでそれを今日はお話ししましょう。

結局全ては自分のメンタルをコントロールするためのツールなのです。

ですからそれらを活用するテクニック、財布なら開運財布術が必要となります。

開運財布術に学ぶお金のたまるサイフとは?
では、まず最初に何が必要か。なるべく高額なものを購入してください。

何かのついでに買えるもの、失くしても後悔しないような金額のもの、では決してダメです。

よほど物を大事にします、そんな人でもない限り安いものでは気合が入らないものなのです。

「値段ではないでしょ?!」そんな意見も分かりますが、結局は値段なんだなというのが実感です。

安いセミナーで人生が変わったと喜んでいる人に会うことは少ないのですが、高額セミナーで人生が変わったと喜んでいる方には会ったことがありませんか?

同じように、金額と期待、その効果は比例するものなのです。

この場合、安物買いの銭失いになってもいけませんが、価値の低いものを不当に高額で買うことのないように注意も必要です。

ホントの開運財布術とは五感を刺激しながら、ワクワクできること

また、買ったものは毎日目にしてください、手に触れてください。

できれば音が聞けて、匂いも嗅げて、美味しいものがオススメです。

なぜかというと五感を刺激するアイテムを持って欲しいからです。

開運するためには五感を刺激することがとても重要です。視覚、触覚、聴覚、嗅覚そして味覚。

全て一度に刺激するものはなかなかありませんが、財布はとても効果的。

開運グッズでも財布を活用する理由はここにあります。

財布は毎日目にするし、手に触れるし、ファスナー開閉の音(ささやかですが)を聞き、革の匂いも嗅げて、食べることができませんがお金を払って美味しいものを口にすることは可能ですよね。

付けっ放し、置きっぱなし、飾りっぱなしの開運グッズでは効果が薄いのです。

そしてワクワクするものを手に入れてください。

その開運グッズを見ればワクワクする。財布を見るたびにワクワクする、こんな状態が手に入れば大丈夫。

名前をつけて可愛がっている方、財布をきっかけにお金を大事に扱うようになった方、新札しか入れなくなった方、様々な方がおられますが財布を変えることで良い習慣を手にした方は本当に開運しているなと感じています。

まとめると

高額なもの、五感を刺激するもの、ワクワクするもの、そして新しい良い習慣を身につけさせてくれるもの、これが開運財布術です。開運財布と持つ人との共同作業で開運していくのかもしれませんね。